ケノン 背中 自分で

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ケノンで背中の脱毛は自分でできる?やり方やコツは?【口コミ・体験談 5名】

ケノン 背中 自分で

1人目

背中のうぶ毛は普段は目立たなくても水着を着ると、めちゃくちゃ目立ってしまうので、10代の頃からずっと悩んでいました。

この困ったうぶ毛の処理は、家庭用脱毛器のケノンでも効果はしっかりとあります。

ですが背中という場所は手が届きにくいので、背中に自分で直接照射するのはかなり難しいです。

よほど体が柔らかくない限りはちょっと大変ですね。

ケノンを使って背中の脱毛をする時には、やはり家族に手伝ってもらうか、

友達や彼氏に手伝ってもらうのが一番安全で手っ取り早いと思います。

私は妹に手伝ってもらっていました。

自分でやる場合のやり方としては、背中の一部までしか手が届きませんから、広い背中の全てを照射するのは限界があります。

ですから自分でできるところまでやって、あとの残りの部分は全て誰かにお願いするようにすると楽に脱毛できますよ。

2人目

背中の脱毛はなかなか自分一人では難しいですが、身体の硬さにもよるとは思います。

とはいえ、頑張ればできます(笑)。

私のやり方としてはまず、下から手を回して、肩甲骨より下から腰までの間を順番に脱毛していきます。

背中の場合、脱毛箇所の間隔に隙間が空いてしまっていないかは自分では見えないので、ケノンが触れている感覚と鏡で見るのとで、確認しながら進めていくのがおすすめです。

大きい合わせ鏡とかあると便利です。

下半分が終わったら次は肩甲骨上なのですが、ここからは反対に、上から手を回してケノンを当てていきます。

下に向かうにつれて手が届きにくくなってくるので、一番下(肩甲骨近く)の時は例えば右手でケノンを持っていたとしたら、持ち手の一番下を持ってなるべくケノンを下に当てて、反対の左手を下から回して右手では届かないケノンの照射ボタンを押すなどの工夫をしています。

また前屈みになりながらの方が肩甲骨近くまで届くような気がするので、体勢なども自分のやりやすいように動きながら照射していくのがコツです。

3人目

背中のうぶ毛は水着着用時や背中の開いたワンピースやドレスなどを着る時には、絶対処理しておくべきです。

家庭用脱毛器のケノンは、背中のうぶ毛にもちゃんと効果があります。

問題は背中のような手が届きにくい場所をケノンで照射できるかどうかなのですが、私は問題なくできています。

一人暮らしだと人に手伝ってもらうこともできませんから、なんとかして自分で工夫しなければなりません。

でも余程体が硬い人でなければケノンを使って自分でちゃんとお手入れできます。

ケノンには便利なモードが二つあってオートモードとスライド照射モードが装備されています。

これがとても便利で、背中のように手が届きにくいところを照射する時には、本当にありがたい機能です。

オートモードは照射ボタンを押さなくても自動で照射されるし、スライド照射はスライドさせるとそのまま照射が自動的に行われます。

なので、背中のように手が届きにくい場所でも、照射のたびにボタンを押さなくてもいいんです。

ただひたすら背中の皮膚にケノンを当てることだけに集中すれば、簡単に一人で脱毛ができます。

4人目

ケノンで背中の脱毛は可能ですが、比較的むずかしいといえます。

手が届く範囲しかできないこと、また自分で背中が見えないことから、脱毛するには不便です。

大き目の鏡が2枚とかあれば話は変わってきますが。

一番いいのは家族や友人にしてもらうことですが、それが出来ない場合はケノンのオートモード機能を利用したり、

一番広い範囲のカートリッジに変えると、自宅で自分一人でも背中の脱毛が出来ます。

ちなみに私は自分でやっています。

ただ注意点としては、背中は産毛が中心なので、毛が薄い分効果は出にくいと言われていることもあり、自己処理をして満足したという口コミも少ないのが現実です。

その分レベルを上げて照射すると効果も高くなりますが、広範囲であることから痛みを伴うことも心配されるので、冷却しておくなど対策はとっておきましょう。

私の場合は、ケノンを使い始めてから2年くらい経過しますが、照射レベルを落として小まめに照射していたこともあり、今ではかなり毛が薄くなりツルツルになってきました。

続ければ効果はあるし、やって損はないのでチャレンジしてみるのもアリだと思います。

5人目

ケノンで背中の脱毛は少しコツが必要ですが、自分で行うことも可能です。

まずやっておきたいのがムダ毛の長さ調整です。

ケノンに限らず光脱毛というのは毛が長いとうまく作用しないため、少し長いなと思った際には電気シェーバーで事前処理をしておく必要があります。

1~2ミリ程度ならば問題ないと言われているため、そのままケノンを使っても大丈夫でしょう。

もし背中にほくろがある場合には、シールなどで事前に隠して置くと安心です。

背中という部位は肉眼では見えないため、鏡を使って行うことになります。

もし可能なら大きな鏡をふたつ用意して、合わせ鏡のようにしてやると見えやすくなるのでお勧めです。

ケノンのカートリッジを一番大きなものにし、自動照射機能を使うことで、より脱毛しやすくなるでしょう。

日本で一番売れている家庭用脱毛器

家庭用脱毛器ケノン



特徴

  • ケノンは国内の大手メーカーが、その主要部品のほとんどを特注品として製造している日本製だから安心。
  • お肌が敏感な日本人の為に作られている脱毛器だから、お肌に優しくて痛くない。
  • レベル1なら100万発、最大レベル10でも30万発の照射が可能だから、コスパが抜群に良い。
  • 照射面積が業界最大級だから、広範囲を一気に脱毛できる。片脇なら10秒でスピード脱毛が可能。
  • 注文から到着までが早いから、最短で明日からすぐに脱毛が始められる。
  • 見られたくないアンダーヘアも、自宅でこっそり脱毛できるから恥ずかしくない。
  • 美顔器としての効果も高く、エステ並みの本格的な「光フェイシャル」が自宅で出来る。ジェルも美容液も一切不要。

⇒自宅で本格脱毛!最新型脱毛器「ケノン」使えばわかる凄さ!