この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

近年、10代の中学生・高校生や20代という若さで、いわゆる若ハゲが急増していることをご存じですか?若ハゲは医学用語では「若年性脱毛症」とも呼ばれ、多くの若者に忌み嫌われています。

中学生や高校生といった10代の思春期に薄毛を経験すると自信喪失にも繋がり、自己肯定感が下がるなど、その後の人格形成にも悪影響を与えるため早急な対処が必要です。

また思春期ということもあり、友達や親にも相談できず、薄毛の悩みを自分一人で抱え込んでしまい、それがさらにストレスになり若ハゲの進行を加速させてしまう人も少なくありません。こんな悲しい悪循環はありませんよね。

ここでは、若ハゲの原因や対策などについて、かなりかみ砕いて高校生でも理解できるようわかりやすくお話しています。

原因を知ることでやるべきことが見えてきます。厳しい現実を突きつけられるでしょうが、現実から目を背けず最後までついてきてください。何をしていいかわからないという人のために、実践編として今日から使える若ハゲ対策なども紹介しているため当ページがお役に立てると幸いです。

目次

若ハゲとは?基準・特徴をわかりやすく解説

若ハゲとは?

若ハゲとは一体何なのでしょう?どういう状態のことを指すのでしょうか?一つ間違えると悪口にも受け取れるこの言葉。若ハゲの定義を曖昧にしてこれからの話を先に進めることは出来ません。

若ハゲとは、AGA(男性型脱毛症)、若年性脱毛症などと呼ばれたりしますが、AGA(男性型脱毛症)の呼び方の一つです。AGA(男性型脱毛症)という言葉は薄毛に悩んでいる人であれば耳にしたことがあるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)について詳しく知りたい方はこちら⇒

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で、日本語に訳すと「男性型脱毛症」と呼ばれています。

一般的には成人男性が発症する脱毛症ですが、近年の調査では、中学生や高校生など10代でも発症する男性はAGA発症者のうち約10%を占めると言われています。ゆっくりと抜け毛が進行して薄毛になっていく疾患のことを指します。ゆっくり進行していくので本人自身も気づきにくいのが特徴です。

若ハゲに悩んでいる人ってどれくらいいるの?

ちなみに、リーブ 21が全国で(10 代~60 代以上の男女)計 4,800 名を対象に行った「頭髪に関する悩み度調査」によれば、10代(15~19歳)で抜け毛・薄毛を実感している男性の割合は16.5%を占めるというデータがあります。

年齢脱毛が進んでいると感じている人の割合
10代(15~19歳)16.5%
20代(20~29歳)30.4%
30代(30~39歳)39.4%
40代(40~49歳)44.4%
50代(50~59歳)51.6%
60代以上(60歳~)61.5%
国内で推定約4,270万人が脱毛進行中!頭髪に関する悩み度調査(2017)byリーブ21

20代ともなると30.4%と、3割以上の男性が若ハゲに悩んでいることになり、10代20代を合わせると46.9%と半数近くもの高校生をはじめとする若者が、薄毛や抜け毛の症状に悩んでいることになります。

若ハゲはAGA(男性型脱毛症)の呼び方の一つ

AGAは年齢によって、発症するメカニズム、原因、症状に大きな違いはないため、年代を区切って呼び方を区別されたりします。

年代AGAの年代における呼称
10代20代若年性脱毛症
30代40代50代壮年性脱毛症
60代~老人性脱毛症

このことからもわかるように、AGA(男性型脱毛症)では、10代~20代の男性の薄毛・抜け毛の疾患のことを、若年性脱毛症と呼びます。簡単に言うと、若いのに頭がハゲている状態のことです。これがいわゆる「若ハゲ」です。

つまり若ハゲは略されていてわかりづらかったのですが、10代20代の若い男性が発症するAGA(男性型脱毛症)のことを指します。

誰なんでしょうね。こんな造語を作ったのは。若年性(若いのに)脱毛症(ハゲてる)。これを略して若ハゲと呼んだのが始まりなのでしょう。若ハゲ…本当に悲しい言葉です。

若ハゲの基準はどこから?

さて、一言で若ハゲと言ってもどのような状態のことを指すのでしょう。若ハゲの基準はとても曖昧です。他人から見てハゲていなくとも本人が気にしているケースもあるからです。また「ハゲ」の定義自体、医学的にも明確に定められているわけではありません。とはいえ、一般的に若ハゲの基準は定められています。

  • 最近抜け毛が増えた
  • 薄毛になってきた
  • 頭頂部やつむじの周りが薄いと感じてきた
  • 前髪の生え際が後退しておでこが広くなってきた

自分の体は自分が一番よくわかっています。若ハゲを見分けるポイントは、元々そうだったか、最近そうなってきているのか、が重要になります。

例えば、おでこの広さが7cm以上ある人は一般的にハゲと言われる傾向にあります。これは統計によるものですが、あくまで周りから見て「ハゲていると認識される」だけの話です。実際はハゲていない場合でもです。

男性でも女性でも生まれつきおでこの広い人は存在します。そのおでこの広さをキープしたまま「ハゲずに寿命を全うする」人も大勢います。

つまり何が言いたいかというと、若ハゲであるかの判断基準は、先ほどの症状(抜け毛、薄毛、つむじはげ、生え際後退)が以前と比べて進行しているかどうか、です。

特に入浴の際に排水溝に溜まっている抜け毛の量、枕カバーに付いている髪の毛の量は大きな判断材料になります。今日からチェックしてみましょう。

また、最近頭頂部や生え際がスカスカになってきている気がすると感じたら、思い込みかもと自己判断せずにすぐにスマホで写メを撮ることをおすすめします。一週間ごとに写メで撮影して、1ヵ月ごとにチェックしてみましょう。AGAを発症している場合、明らかな薄毛の症状が確認できるはずです。

自分が頭皮に違和感を感じた瞬間から、つむじはげやM字ハゲの症状は進行しています。

若ハゲの薄毛治療は早期発見、早期治療が鉄則です。そのまま放置していると若ハゲのスカスカはさらに進行していくと断言できます。

若ハゲは何歳から何歳まで?

先ほど若ハゲは10代20代のAGAの呼び方(若年性脱毛症)だと触れましたが、若年性と定義づけられているように、一般的には15歳くらいから35歳くらいまでが若ハゲと呼ばれているようです。

それ以降になると薄毛の男性の母数が一気に増え、さらに年齢を重ねるとハゲているのが当たり前になるからです。医学的にハゲの明確な定義はありませんが、この年齢でハゲてるのは珍しいな、と思われる年代は若ハゲの部類に入っていると判断していいでしょう。

当てはまるとヤバい!?若ハゲの特徴、見分け方とは?

先ほど若ハゲの基準について触れましたが、ここではさらに詳しく若ハゲの症状別の特徴について見ていきましょう。

また後ほど詳しくお話しますが、若ハゲを引き起こす原因によって、本来、髪を太く長く成長させるために必要な「髪の成長期間」が短くなってしまうことで引き起こされる症状がこの若ハゲの特徴とも言えます。

若ハゲ改善はまず自覚することが第一歩。若ハゲは虫歯と同じで放置しておくとどんどん悪化していきます。

それでは「若ハゲのよくある症状」を見ていきましょう。自分に当てはまる項目があったら早急な対処が必要だと「自覚」しましょう。

1日に髪の毛は何本抜けるもの?何本からが危険?

最近抜け毛が増えた、という人はどれくらいの本数が抜けているのか把握する必要があります。

1日に抜ける髪の毛の本数は、およそ50本~100本なので、危険かどうかは、これを基準に以前より抜け毛が増えたかどうかチェックする目安にするとよいでしょう。

そんなに抜けるの!と驚かれる方も多いですが、髪の毛の総数はおよそ10万本なので、毎日全体の0.1%が抜けたところで大した影響はありません。

1日に自然に抜け落ちる髪の毛の本数が50~100本で、そのうちの半数はシャンプーをしている際に抜け落ちてしまうので、寝起きに枕をチェックしてみて30~50本以上の髪の毛が抜け落ちていたら注意が必要です。

数本~10本前後であれば健康的な頭皮なので、若ハゲを心配する必要はありません。過度な心配はストレスに繋がり頭皮への負担にもなるため、あまり気にしすぎないことも大切です。

栄養バランスの摂れた食事や規則正しい生活習慣を心がけるなど、しっかり若ハゲ対策をすることで、毎朝、枕に付着する抜け毛を減らすことにも繋がります。

抜け毛が増える原因

抜け毛が増えたかどうかは、一番自分で気づきやすい脱毛の症状です。

髪の毛一本一本には、生えては抜け落ちることを繰り返すヘアサイクルという仕組みがあります。髪の毛は、成長期、退行期、休止期のどれかの状態にあり、成長期はには1日あたり約0.3mm、1カ月で約1cm、1年で約15cm、約4~6年間伸び続けます。これが一般的な話です。

若ハゲ、つまりAGAを発症している場合、この成長期が極端に短くなるため、髪の毛が元気に成長することができないのです。

最近抜け毛が増えたと感じている人は、成長しきる前の段階で髪の毛が抜け落ちている可能性があるため、これまでと比較して抜け毛がひどいか一番最初にチェックするべき項目です。

薄毛になってきた

薄毛になってきたと感じている人はすでに危険信号です。ヘアサイクルにおける全体の90%以上の期間が成長期に当たります。

ヘアサイクルが乱れて成長期の期間が短くなると、抜け落ちる毛の本数が増えるため、早急にヘアサイクルの乱れを改善する必要があります。

頭頂部やつむじの周りが薄いと感じてきた

頭頂部が薄い、つむじの周りが薄い、と感じている人の中には生まれつきの人もいますが、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)が原因になっていると言われています。

AGAの特徴として、抜け毛が増えたり、頭頂部が薄くなったりといった症状が進行していくという規則性があることがわかっていて、まず最初に頭頂部からスカスカになっていくケースがあるからです。 

特に、以前と比べてつむじが薄いと思われる場合、AGAの初期段階に移行している可能性が高いため、一度AGAクリニックなどでチェックしてみることをおすすめします。

前髪の生え際が後退しておでこが広くなってきた

生え際の後退が目立つ人はいくつか原因が考えられます。

まず考えられることは、頭皮の突っ張りによって血行が悪くなっていないかということです。

自身の頭皮の状態をチェックしてみましょう。指の腹を2~3本頭皮に触れさせ、直接頭皮を左右に動かしてみてください。

頭皮の血行が正常な状態なら皮膚も柔らかいため、指の腹の動きに合わせて頭皮も左右に動くはずです。逆に動きづらいと感じれば、頭皮の血行悪くなっていて頭皮全体に栄養が行き渡っていない可能性があります。

頭皮は毎日のケアが大切です。美容師がおすすめする、硬い頭皮をほぐすのに効果的なセルフマッサージ方法を載せておくので参考にしてみてください。

前髪の生え際スカスカ対策について知りたい方はこちら⇒

10代20代で若ハゲになる原因と対策

高校生が普通に生活していれば、つむじが禿げてきたり、前頭部や生え際がスカスカになったり、M字ハゲに悩んだりすることはありません。

10代や20代という若さで薄毛に悩んでいる男性の多くは、以下に該当することがわかっています。

生活習慣と薄毛の関係

栄養の偏った食生活、運動不足、睡眠不足、身体的・精神的ストレスによって、生活習慣が乱れると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、それがきっかけでAGAを発症したり、薄毛の症状を進行させてしまうことがあります。

特に睡眠不足はやってはいけないNG行動の一つです。

寝ている間は、頭皮の肌の修復や、髪の毛の成長になくてはならない成長ホルモンが一番分泌される時間帯です。

日中のダメージを修復して髪の毛を作りだす毛母細胞の分裂が最も盛んになるのが、ゴールデンタイムとも呼ばれる夜10時〜深夜2時です。 髪が成長するゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとるようにしましょう。

成長ホルモンは、入眠後1〜2時間ほどで分泌量が最大に達し、それから4〜5時間かけて全身に回ります。

夜更かしなどによってゴールデンタイムに就寝していないと、成長ホルモンがうまく分泌されません。就寝前の飲酒も睡眠の質を低下させるため要注意です。就寝前にスマホをいじることもおすすめできません。

寝る前にスマホのブルーライトを浴びてしまうと、メラトニンの分泌量が減少します。メラトニンは体内時計を調節するホルモンで、このホルモンの分泌量が低下すると、睡眠の質が低下するため、その結果浅い眠りになってしまいます。

眠りが浅くなると、夜中に何度も目覚めてしまう細切れ睡眠になってしまうため、これもまたゴールデンタイムの睡眠の質を妨げることになり、髪の成長ホルモンの分泌を低下させてしまうことに繋がります。

まずは入眠を妨げる就寝前の飲酒やスマホなどを遠ざけることから始めてみるとよいでしょう。

このように、生活習慣と薄毛は切っても切れない関係にあるのです。

飲酒と薄毛の関係

適度な飲酒量であれば問題ありませんが、過度な飲酒は薄毛を進行させる原因になります。

お酒を飲むと、まず最初にアルコールが胃と小腸に吸収されます。その後血管を通って肝臓で「アセトアルデヒド」という有害物質に分解されます。

飲酒によって顔が赤くしたり、頭痛・動機・眠気・吐き気を引き起こすのはこのアセトアルデヒドが持つ毒性によります。

通常の範囲内であればアセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、お酒を飲みすぎると分解が追いつかなくなり、この不足分を補うために体内のアミノ酸が使われます。これが厄介なのです。

アミノ酸は髪の毛を成長させるために必要不可欠な栄養素です。過度な飲酒によって、アセトアルデヒドの分解に体内のアミノ酸が消費されると、当然その減った分、頭皮に行き渡る栄養素も不足してしまいます。

その結果、血液はドロドロになり、頭皮全体に栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうことに繋がるわけです。

つまり過度な飲酒は、髪の毛の成長を遅らせるだけでなく、髪が細くなったり、抜け毛を増やす原因にもなることは覚えておきましょう。

ちなみに、厚生労働省が推進している国民健康づくり運動「健康日本21」によれば、生活習慣病のリスクを高める人の1日平均の純アルコール摂取量が、男性約40g未満、女性20g未満と定義されています。「節度ある適度な飲酒量」の目安としては以下の摂取量になります。参考にしてみてください

出典:名古屋ハートセンター

ヘアケアと薄毛の関係

自己流のヘアケアを行っている人は少なくありません。間違ったヘアケアは頭皮にダメージを与えるだけでなく、薄毛の原因にもなります。

頭皮の毛穴の詰まりを気にしすぎて1日に2回も3回もシャンプーする人がいますが、これは絶対にやってはいけないNG行動です。

頭皮を洗いすぎると、乾燥しやすくなり、抜け毛を増やしてしまうため、シャンプーは1日1回までにしてください。

また、スタイリング剤が頭皮に残ったまま就寝している人も要注意です。スタイリング剤は頭皮環境を悪化させる原因になるからです。

頭皮にスタイリング剤が残ったままだと、毛穴が詰まりやすくなり、そのまま放置すると抜け毛が増加します。汗や皮脂、スタイリング剤も含め、頭皮の汚れは一日の最後に必ずシャンプーで綺麗に洗い流すように心がけましょう。

おすすめのヘアケアとしては、自分でできる頭皮マッサージがあります。頭皮の血行改善を目的とした頭皮マッサージは、頭皮を柔らかくする効果が期待できるため、すぐにでも実践することをおすすめします。

頭皮マッサージを行うタイミングは、湯船に浸かっている最中など、身体がリラックスして温まっている時が最適です。指の腹を使って頭皮をゆっくり揉みほぐしてあげることで、滞っていた頭皮の血行が改善されて、若ハゲ予防にも効果が期待できます。

AGA(男性型脱毛症)

冒頭でも触れたように、若ハゲはAGAの年代別による呼び方の一つ、若年性脱毛症(10代~20代)=若いのにハゲている(若ハゲ)の略称です。

若年性脱毛症(10代~20代)、壮年性脱毛症(30代~50代)、老人性脱毛症(60代以降)とAGAの呼び方が区別されているからといって、特にAGAを発症する原因や対策、治療方法などは、AGA治療においては全て共通です。

つまり若ハゲがAGAが原因で引き起こされているのであれば、すでに治療法が確立されているため、薄毛専門のAGAクリニックで診察してもらうのが「最初にすべきこと」になります。

そもそも、医療クリニックに行かないとAGA、つまり男性型脱毛症を発症しているかどうか自分で判断することはできません。

あくまで、ここでいう薄毛に対する原因や対策は、「自分でできること」に限られます。当然ですよね。仮にAGAを発症していた場合、自分でできることも当然限られてきます。

何千人、何万人と診察してきたAGAの専門医に診てもらうまでは誰も自分がAGAかどうか判断することはできないのです。ここをしっかり理解した上で、今自分に出来ることと、AGAの専門医でないと出来ないこと、を分けて考えてください。

AGA(男性型脱毛症)の見分け方

それではAGAの一般的な見分け方について見てきましょう。AGAの見分け方は以下の7パターンに分類されます。

出典:上野御徒町桜十字クリニック

この図はノーウッド分類表とも呼ばれ、アメリカのハミルトン医師とノーウッド医師が作ったものです。

ノーウッド分類表は、AGA(男性型脱毛症)の症状の進み具合を、確認するための指標となります。7タイプ(正確には9タイプ)に分類されていて、AGAの進行度合いにより、治療方針や処方される治療薬も変わってくるため、AGA治療において非常に重要な指標の一つとなっています。

あなたがAGAクリニックに診察に行くと、お医者さんの頭の中では、あなたの頭皮の状態を確認して「はいはい、あのタイプね」などとこの図と照らし合わせて治療方針を決めているくらい重要な図です。しっかり自分の頭皮状態がどのタイプに分類されるか確認しましょう。

もう一度言います。ノーウッド分類表は、AGAの症状の進み具合を確認するための指標です。言い換えるなら、この7タイプのどれかに自分が該当する場合、AGAを発症している可能性が非常に高いため、すぐにAGAクリニックで診察を受けることをおすすめします。

AGAは放置しておくと症状がどんどん進行していくため、まずはAGAの専門医に相談することから始めましょう。

自分でできる若ハゲ対策~今日から使える実践編~

シャンプーを適当に選んで、適当にワシャワシャやってませんか?

自己流のシャンプーを継続していると、若ハゲの症状を悪化させてしまうため、間違ったシャンプーを行ってる可能性がある人はここで修正しましょう。

またシャンプーの仕方や種類を変えただけでは若ハゲの症状が改善しない場合もあります。その際は若ハゲ改善の効能・効果が認められた育毛・発毛シャンプーや育毛剤・発毛剤なども取り入れる必要がでてきます。

自分の頭皮と会話をしながら、自分に最適な方法を試してみましょう。

シャンプー前のブラッシングを欠かさない

薄毛に悩んでいるにも関わらず、シャンプー前にブラッシングをしていない人はかなり多いです。お風呂に入る前の段階でブラッシングすることで、日中に頭皮に蓄積したフケや皮脂などの汚れが浮き出てくるため、シャンプーの際により効率的に頭皮の汚れを落とすことができます。

もう一つブラッシングにはメリットがあります。毛髪同士の絡みをほぐして髪の毛の方向を揃えることで、効率よく一方向に汚れを流れ落とし、その際に頭皮や髪の毛に余計な負担もかけません。

洗髪は毎日行うため、こういった日々のひと手間が、頭皮や髪の毛のダメージを最小限に抑えてくれるのです。

ブラッシングの際の注意点としては、ブラシ自体を頭皮に直接触れないということです。頭皮を傷つけてしまっては本末転倒ですからね。

確かに頭皮にブラシを当てて強めにブラッシングすると、頭皮の血行が良くなる気がするのですが、これは絶対にやってはいけないNG行動の一つです。

頭皮の肌表面に傷がついて炎症を起こしてしまう人も多いため気をつけましょう。頭皮の血行を良くしたいのであれば、最初から頭皮の血行をよくする成分が配合されたシャンプーを使うのが最も効果的です。

またその際、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージしてあげればより効果的に頭皮の血行をよくすることができます。

シャンプー前に髪をぬるま湯で濡らす

シャンプーをする時に一番気を付けることは、洗髪時の頭髪への負担を最小限に抑えることです。

そのためシャンプー直前にぬるま湯で髪の毛を濡らすことはとても効果的です。この時、絶対に熱いと感じるほどの温度のお湯で濡らしてはいけません。頭皮が必要としている皮脂が流れてしまう可能性があるからです。

また髪を保護してくれているキューティクルも熱には弱いので、熱いお湯は頭皮にも髪の毛にもよくありません。シャンプーの際に熱いお湯は出さないように気を付けていれば大丈夫です。

シャンプーをする前に髪を濡らす理由は、濡らさずに乾燥した状態でシャンプーすると、泡立ちが悪いので地肌で直接シャンプーを泡立てることになります。

その際、摩擦によって頭皮に強い刺激が加わるため、大きな負荷がかかってしまいます。

シャンプーをする際は、事前に髪をぬるま湯で濡らして、シャンプーがしっかり泡立ちやすい環境を作ってあげることが大切です。

髪につける前にシャンプーをよく泡立てる

市販のシャンプーはあなたの頭皮の状態を想定して作られているわけではありません。特に若ハゲなどAGAの症状が出ている人は一般的な男性の頭皮状態よりも悪化している環境にあります。

シャンプーボトルから直接出したシャンプの状態は、ドロドロした原液です。ほとんどの人がやってしまいがちなのが、この原液を直接頭皮に擦り付けて、0の状態から頭皮で泡立てるNG行為です。

頭皮が健康な方であれば特に気にする必要はありませんが、頭皮が弱っている敏感な状態でこれをやってしまうと、現役では濃度が高すぎるために、頭皮にも髪にも刺激が強すぎて、炎症を起こしてしまう原因にもなります。

ドロドロした原液を手の平に乗せたら、ぬるま湯でしっかり泡立ててください。洗顔もそうですが、汚れは泡に吸着する性質があります。頭皮も同じです。

皮脂や汚れを吸着させるための泡を作るために、しっかり手のひらで泡立ててください。泡でシャンプーするイメージです。このひと手間が頭皮へのダメージを抑えるため、習慣化してしまいましょう。

シャンプーはしっかりすすぐ

シャンプー後のすすぎが足りないと、せっかく皮脂汚れを吸着したシャンプーの泡が頭皮に残って、再び汚れとして残ります。もともとの汚れに加え、シャンプーの刺激も頭皮に加わり続けるため、シャンプーのすすぎ残しは頭皮にとってはよくありません。

なんとなくシャンプーのヌルヌルがなくなったかなぁ、を基準に洗い流しをやめる人がほとんどですが、しっかりと洗い流す時間を決めてください。

よくシャンプーを洗い流す時間として基準とされているのが3分間です。カップラーメンを待つ時間と同じと覚えてください。 体感は結構長めです。ただ3分間洗い流せばシャンプーは完全に流れ落ちるため、頭皮のためにも軽めの滝行だと思って耐えてください。

すすぐ際のお湯の温度の目安は38~39℃くらい。体温より少し高めです。熱いのはNG、必ずぬるま湯ですすいでください。清潔で健康的な頭皮をキープするためにも、シャンプー後のすすぎは3分間しっかり行なってください。

頭皮に負担がかからない弱酸性のシャンプーを選ぶ

若ハゲを改善・予防したいなら頭皮に優しいシャンプーを使うのが鉄則です。頭皮はとてもデリケートだからです。

もともとトラブルのない健康的な頭皮には常在菌がいます。普段は存在すら意識していませんが、頭皮の常在菌が頑張ってくれているから、酸性を中和して頭皮を弱酸性に保ってくれているのです。

コンタクトレンズの洗浄液は涙の成分と同じものを使っているため、目に入っても刺激がありませんよね。この刺激がないというのが大事で、頭皮と同じタイプの弱酸性のシャンプーを使えば、頭皮にトラブルを起こさず、健康的な頭皮を維持できます。

弱酸性とは、天然由来の成分が使われているシャンプーのことを指します。こういったシャンプーを選ぶと頭皮に刺激や負担を与えずに理想的な頭皮環境を作ることができます。

若ハゲにおすすめのシャンプーはアミノ酸系シャンプーです。もともとアミノ酸は、人間の皮膚や髪の毛を作るのに欠かせないものです。そのため頭皮に負担をかけずに使うことができます。

育毛・発毛成分配合のシャンプーを使う

すでに症状が進行している若ハゲを改善したい、もしくは若ハゲの進行を止めるなら、育毛成分や発毛成分が配合されているシャンプーをおすすめします。人によってはフサフサになるケースも多いため、一度試してみる価値は十分にあります。

育毛成分や発毛成分配合のシャンプーは一般のシャンプーに比べると当然お高いです。ですがここでシャンプー代をケチってはいけません。

シャンプー代をケチってその辺の安いシャンプーを使い続けているとAGAを発症している場合、症状はどんどん深刻に悪化していきます。

頭皮に何の効果もない成分しか入っていないのですから当然ですよね。シャンプー代をケチって最終的にAGAクリニックに駆け込む男性は多いです。

高校生など代謝が高い10代の場合、育毛シャンプーを3か月くらい使えば若ハゲが改善されるケースも多いため、自宅で自分でできることは実践すべきです。

薄毛を克服したいのであれば成功者の言うことを聞いて真似するのが一番の近道です。今、自分が若ハゲか思い込みか判断できないのであれば、すぐに自分でできる若ハゲ対策として、頭皮の症状に合った、育毛・発毛成分が配合されているシャンプーを使い始めると良いでしょう。

若ハゲについて~よくある質問~

若ハゲは高校生でも治療できる?

若ハゲはAGAの疾患の一つですが、残念ながらAGA治療薬は20歳未満の未成年に処方することが出来ないと法律上定められています。

若ハゲは男性ホルモンが原因で引き起こされる疾患なので、治療には男性ホルモンの分泌を抑える薬を投与する必要があります。

ただ、成長期真っただ中の高校生にこのような薬を処方してしまうと、成長途中の筋肉や骨格、男性器に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。

このような理由から、未成年である高校生はAGAの治療を受けることが出来ません。

ただ、保護者の同意があれば、高校生でもAGA治療を受けられる病院もあるため検討してみるといいでしょう。

ハゲは遺伝するの?AGAは遺伝?

若ハゲの原因は遺伝だけではありません。食事からの栄養のバランスや、抱えているストレスやホルモンの状態などが複合的に絡み合ってAGAを発症します。

家系に薄毛の人が多いから心配という方もいらっしゃいますが、父や祖父がハゲ頭でも生涯ハゲない人も多くいらっしゃいます。

食事は頭皮に栄養を送るために必要で、ストレスは頭皮に良くないことは誰もが知っています。ですが、ハゲは気にしているのに栄養やストレスを軽視している人がほとんどです。

話には聞いていても実際、栄養やストレスが若ハゲと直接関係していることを体験していないからでしょう。

人は失って初めて後悔する生き物です。喫煙を続けて癌になったり、実際にハゲてから後悔するのです。ハゲる前に行動してください。

若いうちに今抱えている不安要素を早期に取り除くことで、抜け毛や薄毛の発症・進行を予防することができます。

AGA発症前に育毛剤や発毛剤を薄毛対策として使用しても大丈夫?

もともと育毛剤や発毛剤は、AGAに悩んでいる人だけが使うものではありません。

商品の箱に記載されている注意書きを読んでもらえばわかりますが、医薬品、医薬部外品に関わらず、育毛剤は発毛剤は、フケ・痒み・脱毛の予防として、効果・効能が認められています。

つまり脱毛症や薄毛になりたくないという人が薄毛対策として、もしくはAGAの初期症状が出ている時期に使用することで、若ハゲの進行を遅らせたり、脱毛を防いだり、仮にAGAを発症したとしても、被害を最小限に抑える効果が期待できます。

実際に私自身、家系に薄毛の人が多くて、不安だからという理由で、10代から育毛剤・発毛剤を使用している男性を大勢知っています。

当サイトでも薄毛対策として育毛剤や発毛剤を、早い方であれば高校生でも使用することを大いに推奨しています。

薄毛治療にかかるAGAの治療費用の相場はいくら?

AGAを治療する決心をしたのはいいけど病院に通うとなると治療費がいくらかかるのか気になりますよね。

病院で行われる発毛治療は、今のところ厚生労働省指定の保険適用外です。風邪を引いて病院などに行く際に使える保険診療が使えないということです。保険が使える「保険診療」に対し、保険が使えない診療のことを「自由診療」と呼びます。

一般的な相場は、1回目は診察・初診料込みで1万円前後、毎月かかる診察料は15000~35000円前後です。また、内科治療か外科治療かによっても、治療費や治療期間がかなり変わってきます。

さらに自由診療の場合、病院側が自由に診察料を決められるため、診療費用は医療機関によって幅が生じます。

大手ではあまり聞きませんが、個人が経営するAGAクリニックによっては、患者の足元を見て法外な値段を吹っ掛けるやぶ医者もいるため、こういった金銭トラブルに巻き込まれないためにも、自分が通うクリニックのHPで事前に料金表をしっかり確認してから通うようにしましょう。

若ハゲは治療で治らない?治る?

ハゲの原因は一つではありません。なぜかハゲは遺伝だから治らないと一方的に決めつけている人がいますが、薄毛専門のAGAクリニックに通って若ハゲが治った人も大勢います。

AGAが治療で治らないのであれば、電車の吊り革広告で必ずと言っていいほど見かけるAGAクリニックは存在しないし、薄毛治療に効果がなければ患者に訴えられて裁判になっています。ですがそのようなニュースは見たことがありませんよね。

若ハゲが治らないと思っている人は一度も病院に通ったことがない人でしょう。薄毛治療に使われる薬はあなたが想像している以上に効果が期待できるものです。

若ハゲは色々な要素が絡み合って発症するため、薄毛のプロである専門医が、問診を通して原因を突き止めるところから始まります。

薄毛で悩んでいる原因が

  • 食生活の乱れなのか?
  • 自己流の間違ったヘアケアなのか?
  • 夜更かしによる睡眠不足なのか?
  • 学校や職場での人間関係などによるストレスなのか?

薄毛の原因を突き止めて、症状と照らし合わせ、治療方法が決定します。AGAの特効薬と言われるプロペシアなどを飲めば薄毛が治るという単純な話ではないのです。

人間の体は非常に複雑にできています。薄毛の専門クリニックには、このような数えきれないほどの若ハゲに悩む若者を薄毛の悩みから救い出してきた、AGAの専門医が常駐しています。

知識や経験が豊富な専門医が様々な角度から、スカスカ、ツルツルになった頭皮を発毛させ、日々患者に男性としての自信を取り戻させているのです。