アトピー性皮膚炎 ブラジリアンワックス

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ブラジリアンワックスはアトピー性皮膚炎でも使える?肌への影響は?【口コミ・体験談 3名】

ブラジリアンワックス アトピー

1人目

ブラジリアンワックスは脱毛方法としてはシンプルで経済的、そして短時間で広範囲の無駄毛を綺麗に脱毛できるので人気があります。ですが注意しなければならないのは、アトピーの人は避けた方が良い脱毛方法ということです。

ブラジリアンワックスは、かなりお肌に負担をかける脱毛方法なので、お肌が丈夫で強い人でも、思わぬ肌トラブルが出てしまうことがあります。なので、より敏感肌質のアトピーの人の場合は、ブラジリアンワックスで脱毛すると、アトピーが悪化したりする可能性が高いです。

特に敏感な背中や脇などは影響が出やすいので注意しましょう。どうしてもブラジリアンワックスを試してみたいのであれば、アトピーの症状が出ていない部位の中で、スネや肘下のエリアで使ってみましょう。

2人目

ブラジリアンワックスを販売している会社としては、アトピー性皮膚炎の人への使用は推奨していません。はっきりとNGを出しているメーカーもあります。アトピーの問題は非常に根深く、少しの刺激でも悪化することがあるからです。

ブラジリアンワックスをした後に念入りにケアをしたとしても、刺激自体がダメな場合がほとんどなので、アトピー肌の人は使うことはやめたほうがよさそうです。

どうしても脱毛したい場合は、刺激が少ない構造のカミソリや電気シェーバーで軽く脱毛するなど、なるべく肌への負担が少ない方法を選ぶことをおすすめします。

一方、敏感肌の人は使用自体は可能ですが、とても状態が悪いときは同様にNGのようです。いずれにしても、肌への負担を第一に考えた脱毛方法を選ぶことがベストですね。私もひどいアトピーでしたが、医療クリニックで脱毛してもらったので、トラブルなく安全に脱毛できました。

アトピー肌の人は効果のみならず安全性を最優先して、最初から脱毛のプロに任せるのが一番いい方法だと思います。

3人目

私はアトピー持ちの敏感肌なのですが、ブラジリアンワックスを愛用しています。絆創膏でもかぶれる肌なので、国産の肌に優しい処方のワックスを購入し、脱毛の後は化粧水でしっかりと保湿ケアしています。

Vラインに使っているのですが、カミソリで剃っていた時よりも肌の調子がよく快適になりました。カミソリで剃ると、生えかけの時のかゆみがすごく気になったのですが、ブラジリアンワックスだとほとんど気になりません。

処理の頻度も激減したので、逆に肌への負担は減ったと感じています。製品によって肌に合う・合わないがあると思うので、いきなり広範囲に使うのではなく、様子を見ながらちょっとずつ使うのがいいと思います。

また、季節の変わり目や体調不良の時には、肌が炎症を起こしやすいので避けたほうがいいです。