アメリカ デリケートゾーン 石鹸

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

デリケートゾーン専用石鹸はアメリカ製と日本製で違いはあるの?【口コミ・体験談 3名】

デリケートゾーン 石鹸 アメリカ

1人目

アメリカ製のデリケートゾーン専用石鹸は、日本よりも種類が多いため製品の選択肢が多いです。

ただ日本人の方が肌が弱い人が多いことから、

成分は日本製の石鹸の方が肌に優しい場合が多いようです。

また、アメリカ製品には香料を多く含む製品の割合が高いです。

日本人は可能な限り香料を嫌う傾向にあるため、その点でもアメリカ製の石鹸は日本人に合わない物が多いです。

もしアメリカ製の石鹸を選ぶなら、

無香料の物、添加物が少ない物(できれば無添加の商品)を

成分表を見て確認して購入する必要があります。

反対に香りで自分の臭いを消したいと思っている人には、アメリカ製の石鹸は向いているといえます。

アメリカ製品の方がデリケートゾーンの石鹸の開発や研究は日本よりも歴史があるので、

その分機能性が良くて無香料の石鹸もあり、製品によって大きく違いがあります。

2人目

デリケートゾーンの匂いが気になる人に人気のケア製品が、デリケートゾーン用の石鹸です。

大切な部分だから安心して使える日本製のものを選びたい、という方が多いですが、

実はアメリカ製の方が効果が高い、といった意見が多くなっています。

もともとデリケートゾーンに関するケア製品は、アメリカの方が日本よりも先進的であり、

商品の種類や効果も幅広くなっています。

アメリカ人の方が遺伝や食文化などの影響で体臭がきつい人が多いという歴史的背景もあります。

特にデリケートゾーンの匂いが気になる人のための石鹸もありますが、

日本製よりも効果は高くても、製品によっては香りが日本よりも強いことがあります。

また、欧米人向けに開発されていることから、使う人によっては肌に合わないこともありますので、

実際に使った人の口コミなどを参考に選んでみると良いです。

3人目

ネット通販などでアメリカ製のデリケートゾーン用の石鹸も気軽に購入できるようで、

デリケートゾーンの臭い対策としては選択肢も広がって良いのですが、

アメリカ製の場合のメリットやデメリットはあるのでしょうか。

アメリカは体臭ケアを気にする人たちが多いので、

デオドラント石鹸などのニオイ対策の商品も種類が非常に多いようです。

そして消臭効果も非常に高いことで知られています。

日本のデリケートゾーン用の石鹸の効果は、割とマイルドな感じが多くナチュラル成分を主成分にしたものが多いのですが、

アメリカ製の場合は即効性などの効果を重視しているので、ナチュラルということに関してはあまり力を入れていない印象です。

そのため日本人がアメリカ製のデリケートゾーン用石鹸を使用すると、

敏感肌の人は痒みがでたり発赤してしまうこともあるので注意が必要です。

私も一度海外からネット通販で輸入して使ってみたことがありますが、肌が赤くなってしまったのですぐに使用を中止しました。

私と同様、敏感肌の人は購入の際にしっかりと成分表などを確認した方がいいでしょう。

LCラブコスメの「ジャムウ・ハーバルソープ」(公式通販)

LCジャムウハーバルソープ(正規品)



特徴

  • 会員数134万人、シリーズ累計305万個の実績!「LCラブコスメ」の人気No.1商品。
  • ジャムウの本場インドネシアで製造された手作りの本物の自然派石鹸。
  • 日本人女性の肌に合うよう品質・成分を改良しているから敏感肌でも安心。
  • ・黒ずみの元となる頑固なたんぱく質&古い角質に直接働きかけるから効き目が早い。
  • 無着色・無香料、防腐剤・安定剤不使用だから安全。
  • 1個あたり1~3ヶ月たっぷり長持ちするからコスパがいい。
  • デリケートゾーンやワキ以外に、顔、乳首、足の臭い&黒ずみにも効果大。

⇒LCジャムウ・ハーバルソープの公式サイトはこちら